イベントの事前決済が効果的な5つの理由|イベント成功ノウハウ集|e+イベント主催者向け チケット委託販売サービス
  • SNSでも情報発信中!!

イベント成功ノウハウ集

イベントの事前決済が効果的な5つの理由

03皆さんこんにちは!お久しぶりです。かどあゆでございます。

夏真っ盛り!夏フェスが目白押し!主催者の皆さま、熱さ対策は大丈夫でしょうか?熱中症など、なってはおりませんか?私はというと、芸術の秋に開催されるイベントの準備に追われております。そんな中、イベント開催時にやはり注視すべきは当日の「動員数」です。

動員が増えれば、イベントはより盛り上がります。しかし、動員が増えたときに特に気にしなければならない点がチケットの「決済」です。有料のイベントであれば、チケット代金の支払いを事前に行うことで、結果的に販売枚数や動員の増加に繋げることができるのです!

それではなぜ、事前決済が良いのでしょうか?その理由をお話しいたします!

■来場者にとってのメリット

1.長時間並ばなくて良い

夏休みのレジャー施設等で、当日窓口が長蛇の列となっている光景を見たことはありませんか? 当日決済となれば、お客様は当日受付でお金を支払います。当日決済の人が多いと、それだけ当日受付の窓口がたくさん必要になりますが、窓口が少ない場合にはどうしても長い列ができてしまいます。しかしながら、暑い夏や寒い冬に長時間並ばせてしまうと、お客様のイベントに対する不満はどんどん大きくなりますし、場合によっては並んでいる間に体調を崩す人も出てきます。事前に購入を済ませ、当日はチケットをもぎるだけとした方がお客様の負担が少なく済みます。

2.お金を当日持ち歩かなくて良い

事前決済しておくと、当日チケット代を準備する必要もなくなります。チケット代金が高額な場合、お財布の中に大金を持ち歩くのは不安ですよね。お財布を落としたら…などの心配も無用です。窓口で「チケット代がお財布の中にない!近くにコンビニやATMも無い!買えない…。」といった悲しい思いをする方も減らせます。

3.イベントに必ず参加できる

これは私の経験に基づいた話となります。
以前、行きたいけれど当日券しか販売していないイベントがありました。そのため、イベント当日まで存在をすっかり忘れていて、偶然通りかかった際に会場周辺の雰囲気をみてどうしても参加したくなりました!が……当日券は並んだ列の途中で販売終了!売り切れて、結局イベントには参加できませんでした。それ以来、行きたいイベントは必ず事前にチケットを購入するようにしています。決済が終わっていれば上記のように、当日行きたくなったけれど、並んでいる最中に「参加できるか、できないか…」というハラハラ感を味わうこともありません。また、チケットを所持しておくことにより、イベントの存在を忘れてしまうことも無くなるでしょう。

■主催者にとってのメリット

1.来場率をガンッと上げることができる

事前決済を取り入れることで、当日の来場率を上げることができます。理由は単純明快で、お客様はチケット購入の段階で予め当日の予定を調整してくれますし、支払いを済ませている以上、参加しないと勿体無いという気持ちも働き、その結果、来場率が高まるのです。そのためイベントのキャンセルが少なく、当日蓋を開けてみたら会場がスカスカ…なんて事態も避けることができます。

2.当日のお金の管理や運営がラクになる

事前に決済を済ませておくと、当日窓口でのお金のやりとりが無くなりますので、細かいお釣りの準備等の必要がなく、お金の管理がラクになります。
また、当日決済が多いと、窓口で大金を扱うことになりますのでセキュリティ面の強化を考慮しなければなりません。その点、事前決済を行っておけば、受付窓口は最低限の人員で運用できます。受付でお金のやりとりがなくなる分、受付窓口でトラブルが起こる可能性や問合せも減り、お客様の満足度が向上。ひいてはイベント成功へと繋がります!

 

以上、事前決済のメリットを、来場者と主催者の両面からお伝えさせていただきました!

どちらにとってもメリットのある「事前決済」。今後は、お客様にイベントを告知する際に、予めチケットを購入する(事前に決済する)メリットも一緒にお知らせしてみると良いのではないのでしょうか。ちなみにイープラスの「WEBオープンシステム」を利用すると、もれなく事前決済となるのでおススメですよ!

それでは、また~!

Pocket
LINEで送る

SNSでもあなたのイベントを成功に導くノウハウコンテンツを配信中!
ぜひフォローして最新情報をチェックしてください。