チケットの種類や料金が複数ある場合の設定方法が分かりません|よくある質問・FAQ|e+イベント主催者向け チケット委託販売サービス
  • SNSでも情報発信中!!

よくある質問・FAQ

※本ページはイベント主催者様向けの案内ページとなります。
チケットご購入者様のお問合せはこちら → お客様サポートページ

チケットの種類や料金が複数ある場合の設定方法が分かりません

ご登録いただいた席種ごとに、座席情報、料金、委託枚数の設定を行っていただきます。

その際、同じイベントでも下記2通りの登録を行うことができますが、<お客様の購入手続き><チケットの在庫管理>方法がそれぞれ異なりますのでご注意ください。

 

(例)入場券の前売りチケットを、一般3,000円/学生2,000円の2種類で、500枚委託する場合

 

【パターン1】席種が1種類のみ

 

 席種  販売区分  価格
 前売  一般  3,000円
 学生  2,000円
 委託枚数  販売確定数  予約数  残枚数
 500枚  155枚  20枚  260枚
 50枚  15枚

 

【ライトプランの登録手順】

(1)席種・販売区分の登録

ライトプラン_席種1種類_01

(2)チケット枚数の登録

ライトプラン_席種1種類_02

【スタンダードプランの登録手順】

(1)席種・販売区分の登録

スタンダードプラン_席種1種類_01

(2)チケット枚数の登録

スタンダードプラン_席種1種類_02

 

【パターン2】席種が2種類以上

 

 席種  販売区分  価格
  入場券  —  3,000円
  学生券  —  2,000円
 委託枚数  販売確定数  予約数  残枚数
 300枚  155枚  20枚  125枚
 200枚  50枚  15枚  135枚

 

【ライトプランの登録手順】

(1)席種・販売区分の登録

ライトプラン_席種2種類以上_01

(2)チケット枚数の登録

ライトプラン_席種2種類以上_02

【スタンダードプランの登録手順】

(1)席種・販売区分の登録

スタンダードプラン_席種2種類以上_01

(2)チケット枚数の登録

スタンダードプラン_席種2種類以上_02

 

お客様の購入手続きにおける違い

チケットを購入するお客様が1回のお申込みで購入できる内容は、1公演につき1席種のみとなります。

 

(例)お客様が、一般2枚、学生1枚、合計3枚のチケットを購入したい場合

 

【パターン1】の場合

「前売」という1つの席種に、「一般」「学生」の2つの販売区分がぶらさがっている形になりますので、お客様は1回のお申込みで、[前売/一般]2枚 + [前売/学生]1枚 = 3枚 を購入することができます。
※指定席の場合、この3枚は連番となります。

 

【パターン2】の場合

「入場券」「学生券」という2つの席種で販売していますので、お客様は1回のお申込みで、どちらか1つの席種しか購入できません。
「入場券」と「学生券」の両方を購入するには、1回目のお申込みで[入場券]2枚をご購入いただいた後、もう一度[学生券]1枚を購入しなおす必要があります。
※指定席の場合は、申込みが2回に分かれてしまいますので、3枚連番にすることはできません。

 

チケット在庫管理における違い

チケットの在庫は、席種ごとに分かれます。

 

【パターン1】の場合

席種が「前売」1つだけですので、「一般」「学生」あわせて500枚ご委託いただいたことになります。
一般で300枚、学生で200枚ずつ販売するといった管理はできません。

 

【パターン2】の場合

席種が「入場券」「学生券」の2つに分かれていますので、「入場券」で300枚、「学生券」で200枚(計500枚)のご委託となります。
席種によって在庫管理を別々にしたい場合は、こちらで設定していただく必要があります。

※検索キーワード※ チケット枚数/チケット種類/分けて販売/分けて登録/在庫/管理/別々/分ける/席種/販売区分/委託枚数/料金を分ける/席種とは/共通在庫

解決しない場合は下記フォームよりお問合せください。

新規契約のご相談(ご契約前のお客様)はこちら

ご利用中のお客様はこちら

※ご回答までに2~3営業日いただいております。